クーリングオフ、悪徳商法、詐欺等のご相談 林勘市法律事務所

任意整理


任意整理とは

 
任意整理とは,弁護士と債権者との間で交渉をし,債務総額の減額と月分割支払額の減額の合意を取り付けて和解する手続です。
まず,ご相談者からの依頼により弁護士が債権者に受任通知を送付し,債権者から提出された過去の取引履歴に基づいて制限利息の利率で再計算します。
その結果,減少した債務がまだ残ったときは,3年程度(事情により5年)の分割返済計画を立てて和解交渉をします。その返済案は残元金のみの返済で,遅延損害金と将来利息はカットしています。
また,長期間借入と返済を繰り返していたため過払金が発生している場合には,過払金返還の和解交渉から過払金の回収までを担当します。 

多額の借入債務があって自己破産を考えていた方も,サラ金等からの借入・返済を6~7年以上継続している方は,過払金が発生している可能性があります。
自己破産を検討する前に,過払金の回収をしてみると,結局,債務額が返済可能なレベルに減少していて任意整理で解決が可能になったケースもあります。 

自己破産したくないという気持から生活費を削ってまで無理な返済計画を立ててしまいますと,せっかく3年から5年の返済和解ができても,結局は,途中で破産に移行せざるを得なくなる場合もありますので,毎月の返済和解額は確実に返済が可能なように計画を立てる必要があります。
債務総額が多くて,毎月の収入から必要な生活費を差し引いた返済可能額の範囲内におさまらない方は,無理して任意整理せず,自己破産か個人再生を検討することになります。 

なお,弁護士が受任後は債権者への返済をいったん停止しますので,信用情報(ブラックリスト)に登載され,約5年から7年程度は金融機関等からの借入ができなくなりますが,これは,債務整理をした場合にはどの方法をとっても同様です。

任意整理の流れ



任意整理の流れ



任意整理の弁護士費用


一般業者事件

着手金
1業者あたり 2万円(消費税別) 

報酬金
1.着手金と同様
   及び
2.①債権者主張の元金と和解金額との差額の10%
   及び
  ②過払金の返還を受けた場合は,過払金の20%
  (報酬金は1+2①+2②の合計額となります。)
 

高利業者(ヤミ金)

着手金
1社から10社(1社あたり2万円(消費税別))
11社から50社目(1社あたり1万円(消費税別))
51社目以降(1社あたり5000円(消費税別)) 

報酬金
1.着手金と同様
   及び
2.①債権者主張の元金と和解金額との差額の10%
   及び
  ②過払金の返還を受けた場合は,過払金の20%
   (報酬金は1+2①+2②の合計額となります。)

商工ローン業者

着手金
商工ローン業者1業者あたり 5万円(消費税別) 

報酬金
1.着手金と同様
   及び
2.①債権者主張の元金と和解金額との差額の10%
   及び
  ②過払金の返還を受けた場合は,過払金の20%
   (報酬金は1+2①+2②の合計額となります。)

※実費(通信,コピー代費用)
 1業者につき 3000円

弁護士費用は分割もお受けします。